■『大学生・高校生等を対象とした労働条件セミナー(大学・高校出前講義(講話・講座・授業))』(社労士)■
※ 今回の開催に際しまして、
学校関係者他、当該事業の主催関係者の皆様に心より感謝を申し上げます
● 本日、令和  年  月  午後 より、 分に渡り、 
 名取市内にある  学校にて、
「大学生・高校生等を対象とした労働条件セミナー」という演題で、
『大学生・高校生向け講義・大学講義(講話・講座・授業)』 を実施致しました
新型コロナウイルス感染防止が、当然のこのご時世、
つの教室自宅聴講学生を結ぶ形で、
 Zoomを利用してのオンライン講義となりました 。
途中、少しトラブル等もありましたが、
担当の先生のフォローもあり、無事に終えることができました
この場をお借りして、心より感謝を申し上げます。
ありがとうございました
さて、
 僕の  講義スタンスでもありますが、
どのような講義スタイルであれ、
一切、妥協を許さず、手を抜くことなく、
全力で 精一杯、講義をさせて頂いております  
しかし、オンライン講義は、
伝えたいことの半分も伝えられていないような感じがします 
やはり、
本心は、通常の リアルセミナー』で、実施したいものですね 
 顧問先企業でも、 テレワークの導入と合わせて、
「リアルイベント」から、
一気に、「オンラインイベント」に切り替わっています
しかし、
 僕が、「リアルセミナー」の方がよいと考える番の理由は、
「受講者の反応」 見ながら、
途中でも、セミナーの修正ができるからです。
特に、「受講者の反応」を見れば、下記のようなメリットがあります
 自分のしゃべりに共感されているか
 理解されていないと感じれば、その場で、講義を軌道修正できる  
「オンラインセミナー」と異なり、資料をカンニングすることもできず、
  受講者とは、『一期一会』の気持ちで、
  自分自身にプレッシャー  を掛けた状態で講義を続けられる
 (気持ちが緩まない)
image仙台高等専門学校-1
image仙台高等専門学校-3

( 下記は、講義当日の Zoomによるオンライン講義発信元のゼミ室』

image仙台高等専門学校-2

話は元に戻りますが、
 大学生、専門学校生、若年層の若い方向けの、
「研修」「セミナー」「講話」をするのは、
やりがいもあり、本当に楽しいものですね  。
今後も、社労士の使命としても、
積極的に、社会に出てから役に立つ知識、情報を、
発信していければと考えております
さて、 来週末の講話来月日のセミナーの準備に取り掛かろうと思います  。




 さくら社会保険労務士事務所・宮城