平成26825日:
青春の1つが消えていきます。
~代ゼミ仙台校、来春閉鎖 全国で20校削減~


【記事】

『 代ゼミ仙台校、来春閉鎖 全国で20校削減
: ( 河北新報  20140824日日曜日

  
「大手予備校の代々木ゼミナールは23日、全国27校のうち、
仙台校など20校を来春にも閉鎖する方針であることを明らかにした。東京の本部校など7校を残す一方、インターネットなどを活用し、教室や小規模な拠点で授業する方式への転換を目指したいとしている。少子化による受験生の減少などが背景とみられる。
 
 
代ゼミによると、閉鎖の対象は仙台のほか、高崎(群馬県)、大宮(埼玉県)、柏(千葉県)、池袋、立川(東京都)、横浜、京都、神戸、小倉(福岡県)、熊本などの各校。大阪南校芸大・美大受験コースと横浜アトリエも閉鎖する。来春以降の生徒募集はしない。
 
 
東京の本部校と造形学校、札幌、新潟、名古屋、大阪南、福岡の各校は残す。20日、講師らに理事長の方針が伝えられた。今後、
希望退職者を募るが、対象や人数は明らかにしていない。代ゼミは1957年に創立。駿台予備学校、河合塾と並び三大予備校といわれた。
 学校法人高宮学園(東京都渋谷区)が運営し、全国17都道府県の大都市に校舎を展開している。


東北各地から生徒 仙台校

  代々木ゼミナールの仙台校(仙台市宮城野区)が閉鎖される方針が明らかになった23日、同校関係者は「ついにこの時が来た」「今後が見通せず、心配だ」などと複雑な心境を吐露した。
 
 
関係者によると、代ゼミ側から同校の職員や講師に対し、今月20、21の両日付の文書で、閉鎖が通知された。
通知を手にした一人は「『ついにこの時が来たか』と受け止めた。
少子化によって、予備校で受験対策をしなくても大学に進める層が増えたことなどから、生徒が減ってきていた。校舎運営を維持するのが大変だと思っていた」と語る。
 
 
別の一人は「今後、仕事が確保できるのか不安」と打ち明けた。
仙台校は1983年に開校し、東北各地から多くの生徒が集まった。立地するJR仙台駅東口には他の大手予備校が相次いで進出し、生徒の獲得にしのぎを削った。
 
 
関係者によると、
生徒は95年には約3000人に上ったが、現在は100人程度にまで落ち込んでいたという。
 
 
仙台校で夏季講習を受けた石巻市の高校3年の女子生徒は「閉鎖の話は全然知らなかったので、びっくりした」と話す。
ある男子生徒は4月に入校し、受験勉強に励んでいた。「来年の春まで存続するということなので、受験への影響はないのではないか」と平静を保った。     




イメージ 1



【「伊達武者社労士・さくら」のつぶやき。】
上記の記事中にある、
少子化による受験生の減少などが背景 』、
生徒は95年には約3000人に上ったが、現在は100人程度にまで落ち込んでいた 』、
少子化によって、予備校で受験対策をしなくても大学に進める層が増えた
 のあたりがキーワードでしょう



 僕たちの社労士の世界でも、

年金制度を語るとき、
「少子」高齢化 』、
世代間扶養 』が、
一つのフレーズとして頻発される・・・


また、
 東日本大震災で、事務職系の雇用が、不足、不安定な宮城県で、
希望退職、離職者の増加は懸念されるところである・・・

でも、
まさか、
「現在は100人程度にまで落ち込んでいた」 とまでは思っても見ませんでした・・・。

 僕も、 模擬試験、 合格判定でお世話になったので、
とても残念です・・・




あ~~、あ~~~
 僕の青春 なぜか響きが古い(笑))の  つが消えていきます




イメージ 2




されとて、
予備校のの次にリストラ、
自然淘汰の波にのまれるのは、

 私立の大学経営ということになるのでしょうか・・・。
















さくら社会保険労務士事務所・宮城 
URL:
http://www.sakura-sr.com/