■第59回 政宗公まつり『伊達武者行列』に出陣

 この祭りは、 新型コロナウイルス禍のため、
ここ2年間は、中止や、 オンライン開催。

政宗公まつりに参加された皆様、お疲れ様でした。 運営スタッフの皆様のご尽力に心より、感謝し上げます。
ありがとうございました。


  僕は、令和元年に引き続き、回目 
「政宗公まつり『伊達武者行列』」に出陣

【先陣・甲冑武者】 :
 
『武将名:大條宗直(おおえだむねなお)』  として、出陣しました

 少しばかり、
「政宗公まつり」の  説明。

 「政宗公まつり」とは:

奥州の覇者
伊達政宗公は、仙台青葉城へ移る前の12年間、
血気盛んな青年時代を岩出山城で過ごしました。
昭和39年、仙台青葉城に鎮座していた
「政宗公平和像」
城山公園に移されたことを契機に、藩祖
伊達政宗公の道徳を偲び、
その業績を顕彰し、この歴史を永く後世に伝えることを趣旨に始められました

 「伊達武者行列」とは:
今から約410年前の文禄元年、
伊達政宗公26歳の春のことでした。
伊達政宗公は、名の大勢を率いて岩出山を出発し上洛しました。

京都に勢ぞろいした諸大名は、

第1陣前田利家公第2陣徳川家康公、そして第  陣 伊達政宗公という順でした。

この時、特に京都の人々の目を引いたのが伊達軍の豪華ないでたちであったと云われています。
紺地に金の  日の丸ののぼり本を押し立て、足軽たちは三尺もの金のとんがりかさをかぶり、

黒漆に金星の鎧を身にまとっていました。

騎馬武者は黒地に、
  『金の半月のついた母衣』に、
ひょうや  虎、 熊や孔雀の馬鎧をのせ、
大小の太刀は黄金の装という奇抜ないでたちでした。
その派手ないでたちで京の都びとを「伊達武者」と驚かせ、
賞賛の声を誘った武者行列の再現です

さて、
●本日  
午後3時00分過ぎ、

 伊達武者行列出発 :
①先陣騎馬~②幟旗隊~③陣振隊~④旗隊~⑤武者隊~⑥【先陣・甲冑武者】
⑦馬前騎馬~⑧馬印旗~⑨政宗旗~⑩兜持ち~⑪伊達政宗公~⑫後詰騎馬~
⑬幟旗隊~⑭旗隊~⑮甲冑武者~⑯後陣騎馬~⑰武者隊。

 僕、⑥【 先陣 甲冑武者】大條宗直も、いざ出陣です 。

image1

❶ 
  「伊達武者行列」出陣前の大條宗直』(左側) 

aDSCN2793

➋伊達武者行列のスタートです 

aDSCN2781

image2





 『第59回・政宗公まつり』宮城県大崎市岩出山)
詳細は、下記の  ホームページをご参考下さい。

http://masamunekou-maturi.com/

そして、もう つ 、過去の  動画をアップ。
http://www.youtube.com/watch?v=VK8FFIA8OwI&feature=player_embedded
 カウンター【00:00~00:15】 の  秒の
「本陣」前でのパフォーマンス

 今回と同じ【大條宗直】の名乗り旗をつけたのが  僕です。
    熱のパフォーマンス をどうぞ 



ご興味のある方は、「伊達武者行列」を
 映像でも、お楽しみ下さいませ 

●第53回 政宗公まつり『伊達武者行列』に騎馬武者として、出陣した時の
 僕の勇姿
泉田重光 (騎馬武者・いずみた しげみつ)』 です

政宗公まつり騎馬武者



 さくら社会保険労務士事務所・宮城