民法の基礎は『宅地建物取引士試験』で学んだ ~宅建士の自宅学習方式・更新~■

●令和2年6月3日(水)に予定された、
宅地建物取引士の更新のための「法定講習」は、
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、 自宅学習方式となりました

さて、本日の  ブログタイトルに戻ります

 僕は、
理系の  学校を卒業したので、
教養の授業で、
ごく基礎の
「法学入門」を学んだことはありました。
しかし、 単位を取得するためだけの履修であったため、
「法学(特に「民法」)」センス全く身につけずに、かなりの時間を過してきました

タイトル内の「宅建士」は、
法律系国家資格の「登竜門」と呼ばれることもある

 僕は
「宅地建物取引士試験(当時は「宅地建物取引主任者試験」)」
の 、
独学での  勉強
の中で、
『民法』の基礎を学びました
この『民法』の基礎は、
現在、「特定社会保険労務士」として相談・コンサルティング業務にとても役立っている

「社会保険労務士」は、
「特定社会保険労務士」を取得する際の特別研修で「民法」を学ぶ。
しかし、法律系国家資格の「社会保険労務士試験」自体の中にはない
この点が、
疑問視され、試験科目の導入が検討されて久しいが、いまだに試験科目にはない・・・

 僕が、社労士資格を取得済みだからいう訳では決してない

社労士の相談業務には、当然必須のスキルであると思います

現在、
 僕は、『宅地建物取引士』資格で業務をしていないにもかかわらず、
毎回、更新しているのは、
この法定講習は、
 僕自身、現在の社労士業務、実務、自分自身一般常識等にも、かなり役立つからです

● 実は、宅建士更新にあたり、
 僕は、登録県の秋田県での宅建士の更新研修が、
業務の都合、
及び、今回は、
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、受講できない。
いつも、
居住県の宮城県で、特例受講』させてもらって、秋田県に申請するという遠回りの更新である。

そのため、
宮城県登録であれば、法定講習当日(本来であれば、日)にもらえるところ、
やっと、
一咋日の「宅地建物取引士証」 郵便で届きました

さて、
 届いた
「宅地建物取引士証」 本人写真の上に、
名刺に使用している『似顔絵 を、
遊び心で載せて(笑)、
「宅地建物取引士証」「法定講習テキスト」写真をアップしてみました・・・

image34-4

image34-5

『似顔絵 は、
 男女を問わず、
歳をとりませんからね・・・(笑)

※ 宅地建物取引士の更新が、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため
 法定講習が
自宅学習(在宅研修)方式になったことを告知する、
 法定講習実施機関の『公益社団法人 全日本不動産協会』からの文書を参考まで、
 記録として、以下に載せておく。


image34-6





さくら社会保険労務士事務所・宮城

URL:http://www.sakura-sr.com/