■「ひよっこ社労士のヒナコ」((株)文藝春秋)■

昨日、 仕事の途中で、
 本屋さんに立ち寄りました。

 目当ての書籍を探していると、
偶然、
「ひよっこ社労士のヒナコ」という文庫本を目にしました。
単行本は、2017年11月、文庫本は、2019年10月発売で、
新刊という訳ではありませんが、
「社労士」が主役の小説が出版されているとは知りませんでした 

image68

この文庫の内容は、
 歳、独身・恋人なしの、
 ひよっこ社会保険労務士・ヒナコ(主人公『朝倉雛子』)が、
所長夫妻を含めて名の、
 小さな事務所に就職し、第二の人生をスタート
顧問先で相談にのりながら、 事件を解決していくというもの。 

 社労士を主人公にした労務ミステリー 

これは、一つ、
読んでみようかと思い、
ビジネス書と一緒に衝動買いを致しました 
一気に読んでしまいました。

・著者は、水生大海先生。
元漫画家で、
2008年第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞で、
優秀作を受賞した「罪人いずくか(後に「少女たちの羅針盤」と改題)」でデビューしたとのこと。

社労士が係るトラブルをテーマに、
下記のの事件(作品)の短編が納められています

五度目の春のヒヨコ」(賃金不払い残業、自己都合退職解雇)
綿菓子とネクタイ
 (ブラック企業、アルバイトから契約社員への登用、SNSへの投稿トラブル、
 アバウトな休憩時間、減給の労働条件の不利益変更)
カナリアは唄う」(就業規則、育児休業)
飾りより、灯りより」(非正規社員は賞与なし、残業時間の端数切捨て、
 派遣社員へのミスの据替(派遣と正社員の軋轢)、雇止め)
空に星はなく」(パワハラ(旧態依然の企業体質)、研修は自己研鑽、
 有休は理由により却下される)
握りたい手は」(裁量がない  専門業務型裁量労働時間制、
 事業場外労働に関するみなし労働時間制)

読書後の感想として、
 社会保険労務士が持つべき、「正義」ってなんだろうと、
改めて、考えさせられました
 ドラマ化しても面白いかもしれません 

興味のある方は、是非、読んでみて下さい 

下記などで、「社労士のヒナコ」と検索してみて下さいませ 
・ amazon: https://www.amazon.co.jp 
・ 全国書店ネットワークe-hon:  https://www.e-hon.ne.jp/bec/EB/Top


 さくら社会保険労務士事務所・宮城