■テレビドラマ化を期待続巻「社労士のヒナコ きみの正義は」を読む

●令和3年2月27日のブログに記した、
■「ひよっこ社労士のヒナコ」■
 続巻『社労士のヒナコ きみの正義は』((株)文藝春秋)という単行本
(文庫化はまだなっていない)を購入して、
前回同様、一気に読みました

image68-2

タイトルの文字通り、
「社労士」 主人公『朝倉雛子』)が、
顧問先で相談にのりながら、
 事件を解決していく労務ミステリー

続巻のトラブルのテーマ(短編)は、
下記の作品です

春の渦潮
 (有期雇用の非正規社員の無期転換ルール)
きみの正義は
 (雇用契約か業務委託契約か、就業規則、年少者の年齢確認(高所作業)、解雇禁止
 期間、18歳未満の深夜労働)
私のための本を
 (割増賃金、実労働時間とタイムカードとの乖離、管理職手当)
藪の中を探れ
 (女性上司からのセクハラ ・嫌がらせ 、労働紛争解決、特定社会保険労務士)
らせん階段を上へ
 (バイトテロ、会社の悪口をSNSで拡散、育児介護休業(所定労働時間の短縮・
  介護休業・残業免除)、退職時の有休消化の可否  、時間単位・半日単位有休)

特に、つ目の短編私のための本を」は、
 僕の前職の職業に係るテーマで、
多くの書店員から聞き取りをしたとのこと。
話は、出版不況、 デジタル万引きを含む万引きにも言及。

ザックリ言えば、
 冊万引きされたら、冊売って本代のみを回収できる話など、
興味深い内容でした 

『社会保険労務士』の知名度向上のためにも、
  テレビドラマ化を期待 
是非、ドラマ化して欲しいものです 。 

水生大海先生、
並びに、前職で大変お世話になりました「(株)文藝春秋」様、
 作目の著作、発売も期待しております。

更に、
 テレビ局の関係者も、
ドラマ化のご検討を宜しくお願い致します (笑)
一介の「社会保険労務士」より  


興味のある方は、是非、読んでみて下さい

下記などで、「社労士のヒナコ」と検索してみて下さいませ 。
・ amazon: https://www.amazon.co.jp 
・ 全国書店ネットワークe-hon:  https://www.e-hon.ne.jp/bec/EB/Top


 さくら社会保険労務士事務所・宮城