● ニュースを読む。

■栗田出版販売破綻 落ち込む販売、出版不況象徴 「業界再編避けられぬ」■

平成27 627日:
栗田出版販売破綻 落ち込む販売、出版不況象徴 「業界再編避けられぬ」
   記事差し替えのため、日付が前後します。ご了承下さいませ。)



● 前職書店経営者の 僕の会社のメイン取次(いわば「本の問屋」)は、
大手「トーハンさん」であった

しかし、
廃業するまでの直近約年間
特定の分野で契約、
少しばかりお付き合いのあった「
栗田出版販売さん」の破綻には正直、驚いた・・・


出版不況と言われて久しいが、
 小売りの書店のみならず、
取次(いわば「本の問屋」)の準大手(業界第4位)まで破たんするとは思いませんでした・・・

今考えても、
二大大手の「トーハン」・「日販」さんと異なり、
栗田出版販売」さんは、
従業員が知恵を絞って、
一風変わったアイデアを生み出すいい会社でした

お付き合いのあった従業員だけでなく、
栗田出版販売」さんの従業員さんが、
 前向きに進んでいかれることを願ってやみません・・・



 「栗田出版販売㈱」との当時の契約書

イメージ 1


【新聞記事】
栗田出版販売破綻 落ち込む販売、出版不況象徴 「業界再編避けられぬ」
                                       産経新聞 627()755分配信

業界4位の栗田出版販売の経営破綻は、
書籍と雑誌販売が落ち込む近年の出版不況を象徴する出来事といえる。

出版取次会社は、
書籍や雑誌を出版社から仕入れて全国の書店に卸す、
いわば「本の問屋」だ。

書店が自由に返品できる委託販売制度のもとで、
全国に一斉配送する仕組みを実現。
日本出版販売とトーハンの2社が中心となって出版界の発展を支えてきた。

そんな慣行を揺さぶったのが、娯楽の多様化や少子化などが原因とされる構造的な出版不況だ。
出版科学研究所によると、出版物の推定販売金額は平成8年をピークに減少し、
昨年は前年比4・5%減の1兆6065億円。
落ち込み幅は昭和25年の統計開始以来、最大となった。

本の返品率は40%近くで高止まりし、裁断などの費用負担も業界にのしかかる。
インターネット書店最大手、アマゾンの台頭もあり、

全国の新刊書店数は平成12年以降、右肩下がりを続け、
26年には3分の2以下の約1万4千店にまで減少した(アルメディア調べ)。

取り次ぎでも業界3位の大阪屋が昨年、楽天などの支援を受ける事態となり、
出版関係者からは「戦後の出版流通システムは制度疲労を起こしている」と、
変革を求める声も出ている。

出版業界に詳しいジャーナリストの山田順さんは「出版不況で書店は大型店を残して急減している。
小規模の書店しか顧客を持たない取り次ぎから淘汰(とうた)される状況だ。
出版社、書店も含めた業界全体の再編は避けられないだろう」と予測している。









さくら社会保険労務士事務所・宮城 
URL:
http://www.sakura-sr.com/

■ 青春の1つが消えていきます。~代ゼミ仙台校、来春閉鎖 全国で20校削減~ ■

平成26825日:
青春の1つが消えていきます。
~代ゼミ仙台校、来春閉鎖 全国で20校削減~


【記事】

『 代ゼミ仙台校、来春閉鎖 全国で20校削減
: ( 河北新報  20140824日日曜日

  
「大手予備校の代々木ゼミナールは23日、全国27校のうち、
仙台校など20校を来春にも閉鎖する方針であることを明らかにした。東京の本部校など7校を残す一方、インターネットなどを活用し、教室や小規模な拠点で授業する方式への転換を目指したいとしている。少子化による受験生の減少などが背景とみられる。
 
 
代ゼミによると、閉鎖の対象は仙台のほか、高崎(群馬県)、大宮(埼玉県)、柏(千葉県)、池袋、立川(東京都)、横浜、京都、神戸、小倉(福岡県)、熊本などの各校。大阪南校芸大・美大受験コースと横浜アトリエも閉鎖する。来春以降の生徒募集はしない。
 
 
東京の本部校と造形学校、札幌、新潟、名古屋、大阪南、福岡の各校は残す。20日、講師らに理事長の方針が伝えられた。今後、
希望退職者を募るが、対象や人数は明らかにしていない。代ゼミは1957年に創立。駿台予備学校、河合塾と並び三大予備校といわれた。
 学校法人高宮学園(東京都渋谷区)が運営し、全国17都道府県の大都市に校舎を展開している。


東北各地から生徒 仙台校

  代々木ゼミナールの仙台校(仙台市宮城野区)が閉鎖される方針が明らかになった23日、同校関係者は「ついにこの時が来た」「今後が見通せず、心配だ」などと複雑な心境を吐露した。
 
 
関係者によると、代ゼミ側から同校の職員や講師に対し、今月20、21の両日付の文書で、閉鎖が通知された。
通知を手にした一人は「『ついにこの時が来たか』と受け止めた。
少子化によって、予備校で受験対策をしなくても大学に進める層が増えたことなどから、生徒が減ってきていた。校舎運営を維持するのが大変だと思っていた」と語る。
 
 
別の一人は「今後、仕事が確保できるのか不安」と打ち明けた。
仙台校は1983年に開校し、東北各地から多くの生徒が集まった。立地するJR仙台駅東口には他の大手予備校が相次いで進出し、生徒の獲得にしのぎを削った。
 
 
関係者によると、
生徒は95年には約3000人に上ったが、現在は100人程度にまで落ち込んでいたという。
 
 
仙台校で夏季講習を受けた石巻市の高校3年の女子生徒は「閉鎖の話は全然知らなかったので、びっくりした」と話す。
ある男子生徒は4月に入校し、受験勉強に励んでいた。「来年の春まで存続するということなので、受験への影響はないのではないか」と平静を保った。     




イメージ 1



【「伊達武者社労士・さくら」のつぶやき。】
上記の記事中にある、
少子化による受験生の減少などが背景 』、
生徒は95年には約3000人に上ったが、現在は100人程度にまで落ち込んでいた 』、
少子化によって、予備校で受験対策をしなくても大学に進める層が増えた
 のあたりがキーワードでしょう



 僕たちの社労士の世界でも、

年金制度を語るとき、
「少子」高齢化 』、
世代間扶養 』が、
一つのフレーズとして頻発される・・・


また、
 東日本大震災で、事務職系の雇用が、不足、不安定な宮城県で、
希望退職、離職者の増加は懸念されるところである・・・

でも、
まさか、
「現在は100人程度にまで落ち込んでいた」 とまでは思っても見ませんでした・・・。

 僕も、 模擬試験、 合格判定でお世話になったので、
とても残念です・・・




あ~~、あ~~~
 僕の青春 なぜか響きが古い(笑))の  つが消えていきます




イメージ 2




されとて、
予備校のの次にリストラ、
自然淘汰の波にのまれるのは、

 私立の大学経営ということになるのでしょうか・・・。
















さくら社会保険労務士事務所・宮城 
URL:
http://www.sakura-sr.com/

■「国家公務員総合職試験-人事院」■・■日経産業新聞 一面:「大学解剖 東京理科大学」■

平成26 623日:
国家公務員総合職試験-人事院」■・日経産業新聞 一面:「大学解剖 東京理科大学」


● たまには、 母校(大学)ネタ
今の 母校(大学)の学生は、すごいの一言です・・・

大学4年生の時、
実は、
 研究室の同期の 高橋君」
「国家公務員上級甲種試験」(当時)記念受験 (笑)しました。

ほとんど、
受験の準備はしていなかった。
それでも、
専門科目だけは、
何とか解けましたが・・・、
当然のことながら、結果は・・・(笑)。

今の 母校(大学)の学生は、
当時の  僕とは、真剣度合が間違いなく違いますね。

今となっていは、いい思い出ですかね・・・






競争率、4年連続で低下=国家公務員総合職試験-人事院
                                      時事通信社2014/06/23-09:15


人事院が23日に発表した2014年度国家公務員総合職試験の合格者は1918人で、
前年度より165人増えた。
競争率は11.0倍(前年度12.7倍)で、4年連続で低下した。

合格者に占める女性の割合は20.8%で、
過去最高の12年度(22.9%)に次ぐ水準だった。

合格者が多い大学は、
東京大438人、京都大160人、早稲田大140人、慶応大92人、東北大78人の順。
合格者のうち7割を国公立大学の出身者が占めた。

法科大学院からの合格者は124人、公共政策大学院は30人だった。 
競争率が下がった理由について、
人事院は景気の回復により民間企業が採用を拡大させていることや、
採用予定者数が前年度より増えたことなどを挙げている。

合格者は、25日から始まる各府省の面接で絞り込まれ、来春に採用される予定。



国家公務員総合職の合格者上位大学
              (単位:人)
           14年度 13年度
 1 東京大    438   454
 2 京都大    160   172
 3 早稲田大   140   105
 4 慶応大     92    91
 5 東北大     78    74
 6 北海道大    67    70
   大阪大     67    67
 8 一橋大     56    38
   九州大     56    62
 東京理科大 53    56
11 中央大     48    35
12 神戸大     40    22
13 東京工業大  39    45
14 名古屋大    38    31
15 岡山大      34    24
16 広島大     29    20
17 立命館大   28    20
18 同志社大   26    18
19 明治大     25    16
20 大阪市立大  22    27


イメージ 1

イメージ 2





平成26 624日:

日経産業新聞 一面:「大学解剖 東京理科大学」


イメージ 3

イメージ 4















さくら社会保険労務士事務所・宮城 
URL: http://www.sakura-sr.com/
プロフィール

伊達武者社労士・さくら

『宝の都(くに)・宮城県大崎市』の社労士のブログへようこそ !

記事検索
livedoor 天気
楽天市場
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
最新記事(画像付)
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
アクセスカウンター

    • ライブドアブログ