● 科学のお勉強。

■読売テレビ:「鳥人間コンテスト2016」~ついつい母校の応援!~■

平成28 9 1日:
読売テレビ:「鳥人間コンテスト2016」~ついつい母校の応援


イメージ 1


 『 鳥人間コンテストに参加するためには・・・、

航空力学の専門家が、機体の 図面を審査して、
 出場が認められるようになっているそうです


 揚力、抗力、翼性能曲線、揚力係数、抗力係数、揚抗比、理論計算、境界値問題、
時刻t における積分方程式、圧力・・・。

これらの専門用語は、
ほとんど、
 物理屋の世界の用語なので、
 
化学屋 僕にはさ~~~っぱりわかりません・・・(笑)。


実は、
  学校を卒業後、
勤務した会社の事業場( 総合研究所)が、
 
琵琶湖のある「滋賀県」で、
しかも、
「滋賀県」に居住していたので、
  母校 の応援がてら、


昨日、
 テレビに映る、滋賀県の風景も見たくて観戦しました
     
     16:05~16:22の17秒



でも、
昨年と比べて、記録は延びましたが・・・


 東京理科大学鳥人間サークル鳥科     www.ed.kagu.tus.ac.jp/torica/

 2014年】


イメージ 3

 2015年】


 2016年】


イメージ 2


仮に、
 僕が、学生時代にタイムスリップして、
 鳥人間として飛ぶとなれば、

『飛ばなきゃならないワケがあるとのテーマに則って考えれば、
 彼女への愛の  告白のためでしょうか、な~~~んてね・・・
 ( もちろん、冗談ですから・・・。)

 【参考ブログ】
平成26 9 3日:
■読売テレビ:「鳥人間コンテスト2014」~ついつい母校の応援
平成27 9 2日:
読売テレビ:「鳥人間コンテスト2015」~ついつい母校の応援






さくら社会保険労務士事務所・宮城 

URL:http://www.sakura-sr.com/


■母校 東京理科大:「ノーベル賞受賞 大村智先生講演会を実施 (10/25)」■

平成271011日:
 母校 東京理科大:「ノーベル賞受賞 大村智先生講演会を実施 (10/25)」■


ノーベル賞受賞 大村智先生講演会を実施 (10/25)

10
25日(日)、
葛飾キャンパス図書館大ホールで本年度ノーベル生理学・医学賞を受賞された大村 智先生を招き、
「科学と私、理科大と私を語る」と題して特別講演会を実施します

大村先生は、
高校教師を続けながら本学大学院で基礎研究を学び修士課程を修了し、
その後、
理学博士号を取得したことは今回の受賞で広く知られました。

本学の前身である東京物理学校は近代化に遅れをとっていた日本にとって
『理学の普及を以て国運発展の基礎とする』とする熱い思いで設立(年)され、
働きながら理学を学ぶ夜間学校でした。

創設されたころから『入るには簡単だが出るのは難しい』との評判が定着し、
物理学校の伝統は時代を超えて連綿と続き、
今の東京理科大学の歴史へとつながってきました


まさに、
大村先生は本学の精神を実践され、今回の偉業を達成されたとも言えます


講演会では聞き手に科学ジャーナリストで元本学知財専門職大学院教授の馬場 錬成氏が務め、
先生の評伝を書いた著書『2億人を病魔から守った化学者』で触れられている大村先生の学生時代、
研究者として現在に至るまでをお聞きする形で進行いたします


なお、
当日は近隣の住民の皆様、
本学卒業生を招き行われる理科大の祭典『ホームカミングデー』を開催しています

■開催日
20151025日(日) 16:2017:00
■会場
東京理科大学 葛飾キャンパス 図書館大ホール(地図)
■定員
 (当日、HCDインフォメーションの配布窓口で  優先入場券を配布します)


イメージ 1

イメージ 2


        参考ブログ 】

       平成2710 5日:
      
■「ノーベル医学生理学賞に大村智・北里大学特別栄誉教授」■


        (   リーフレット )
         http://www.tus.ac.jp/today/20151016001.pdf


イメージ 3











さくら社会保険労務士事務所・宮城 

URL:http://www.sakura-sr.com/

■読売テレビ:「鳥人間コンテスト2015」~ついつい母校の応援!~■

平成27 9 2日:
読売テレビ:「鳥人間コンテスト2015」~ついつい母校の応援


イメージ 1


 鳥人間コンテストに参加するためには・・・、

航空力学の専門家が、機体の 図面を審査して、
 出場が認められるようになっているそうです


 揚力、抗力、翼性能曲線、揚力係数、抗力係数、揚抗比、理論計算、境界値問題、
時刻t における積分方程式、圧力・・・。

これらの専門用語は、
ほとんど、
 物理屋の世界の用語なので、
 
化学屋 僕にはさ~~~っぱりわかりません・・・(笑)。


実は、
  学校を卒業後、
勤務した会社の事業場( 総合研究所)が、
 
琵琶湖のある「滋賀県」で、
しかも、
「滋賀県」に居住していたので、
  母校 の応援がてら、


 
テレビに映る、滋賀県の風景、背景も見たくて観戦しました

でも、
昨年と比べて、
残念な結果でした


 東京理科大学鳥人間サークル鳥科     www.ed.kagu.tus.ac.jp/torica/


イメージ 2


仮に、
 僕が、学生時代にタイムスリップして、
 鳥人間として飛ぶとなれば、

『飛ばなきゃならないワケがあるとのテーマに則って考えれば、
 彼女への愛の  告白のためでしょうか、な~~~んてね・・・
 ( もちろん、冗談ですから・・・。)


 【参考ブログ】
平成26 9 3日:
読売テレビ:「鳥人間コンテスト2014」~ついつい母校の応援


















さくら社会保険労務士事務所・宮城 

URL:http://www.sakura-sr.com/


プロフィール

伊達武者社労士・さくら

『宝の都(くに)・宮城県大崎市』の社労士のブログへようこそ !

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
livedoor 天気
楽天市場
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター

    楽天市場
    • ライブドアブログ