その他自然科学

■母校 東京理科大:「ノーベル賞受賞 大村智先生講演会を実施 (10/25)」■

平成271011日:
 母校 東京理科大:「ノーベル賞受賞 大村智先生講演会を実施 (10/25)」■


ノーベル賞受賞 大村智先生講演会を実施 (10/25)

10
25日(日)、
葛飾キャンパス図書館大ホールで本年度ノーベル生理学・医学賞を受賞された大村 智先生を招き、
「科学と私、理科大と私を語る」と題して特別講演会を実施します

大村先生は、
高校教師を続けながら本学大学院で基礎研究を学び修士課程を修了し、
その後、
理学博士号を取得したことは今回の受賞で広く知られました。

本学の前身である東京物理学校は近代化に遅れをとっていた日本にとって
『理学の普及を以て国運発展の基礎とする』とする熱い思いで設立(年)され、
働きながら理学を学ぶ夜間学校でした。

創設されたころから『入るには簡単だが出るのは難しい』との評判が定着し、
物理学校の伝統は時代を超えて連綿と続き、
今の東京理科大学の歴史へとつながってきました


まさに、
大村先生は本学の精神を実践され、今回の偉業を達成されたとも言えます


講演会では聞き手に科学ジャーナリストで元本学知財専門職大学院教授の馬場 錬成氏が務め、
先生の評伝を書いた著書『2億人を病魔から守った化学者』で触れられている大村先生の学生時代、
研究者として現在に至るまでをお聞きする形で進行いたします


なお、
当日は近隣の住民の皆様、
本学卒業生を招き行われる理科大の祭典『ホームカミングデー』を開催しています

■開催日
20151025日(日) 16:2017:00
■会場
東京理科大学 葛飾キャンパス 図書館大ホール(地図)
■定員
 (当日、HCDインフォメーションの配布窓口で  優先入場券を配布します)


イメージ 1

イメージ 2


        参考ブログ 】

       平成2710 5日:
      
■「ノーベル医学生理学賞に大村智・北里大学特別栄誉教授」■


        (   リーフレット )
         http://www.tus.ac.jp/today/20151016001.pdf


イメージ 3











さくら社会保険労務士事務所・宮城 

URL:http://www.sakura-sr.com/

■「ノーベル医学生理学賞に大村智・北里大学特別栄誉教授!!」■

 平成2710 5日:
 ■「ノーベル医学生理学賞に大村智・北里大学特別栄誉教授」■


 ノーベル医学生理学賞に大村智・北里大学特別栄誉教授

                                                               【ストックホルム共同  20151005日月曜日】


スウェーデンのカロリンスカ研究所は日、2015年のノーベル医学生理学賞を、
アフリカなどの感染症に大きな治療効果を挙げている薬剤「イベルメクチン」を開発した
大村智・北里大学特別栄誉教授(80)に授与すると発表した


年間  億人に使われ、多くの命を救う発明が、最高の栄誉に輝いた。
日本人のノーベル賞受賞は、年連続で  人目。


医学生理学賞は12年の山中伸弥京都大教授以来となる人目の快挙で、
日本オリジナルの研究成果が高く評価された


大村氏は、
日本の土壌で発見した細菌の作り出す物質が、寄生虫に効果があることを発見。


イメージ 2







大村智(おおむら・さとし)博士の略歴

1935年 山梨県生まれ
   58年 山梨大学 芸学部自然科学科卒業
   63年 東京理科大学 大学院理学研究科修士課程修了
     大学院では中西香爾の紹介で都築洋次郎研究室に所属し、働きながら5年かけて修士号を取得
     山梨大助手
   68年 薬学博士(東京大学):Leucomycinに関する研究」
   70年 理学博士東京理科大学):「ロイコマイシン、スピラマイシン及びセルレニンの絶対構造」
   75年 北里大学 薬学部教授
   84年 北里研究所理事・副所長
 
 90年 同・所長

2007年 北里大学 名誉教授
   12年 文化功労者
   13年 北里大学 特別栄誉教授
   14年 ガードナー国際保健賞


 (  大村智・北里大学特別栄誉教授の  ホームページ


 (  僕の母校 : 東京理科大学  ホームページのトップページ画像をアップ
 ~ 2015年現在、日本の私立大学で唯一ノーベル賞受賞者を輩出している ~


イメージ 3

イメージ 1



 


 


 





さくら社会保険労務士事務所・宮城 
URL:http://www.sakura-sr.com/


■東洋紡と東北大が骨再生材 歯科向け、18年度製品化へ■

平成27413日:
東洋紡と東北大が骨再生材 歯科向け、18年度製品化へ


東北を代表する大学: 東北大学と、
 僕がお世話になった会社の 研究所の共同作業ということで、アップしておきたいと思います

● 東洋紡と東北大が骨再生材 歯科向け、18年度製品化へ
                                                                                          2015/04/13 17:51
 共同通信】



東洋紡は13日、老齢化などで細くなったり欠けたりした骨の再生を促す「骨再生誘導材」の臨床試験(治験)を、東北大と共同で6月から始めると発表した。歯科や口腔外科分野が対象で、2018年度の製品化を目指す。
骨再生誘導材は、骨の主成分であるリン酸カルシウムの一種とコラーゲンからつくる。骨を再生させたい場所に埋め込むと、周囲の骨細胞が増殖し、半年ほどで骨に置き換わるという。
骨の再生技術としては、自分の腰などから採取した骨を移植する方法が一般的だが、患者の負担が大きい。この骨再生材を使えば負担の軽減が期待できる。

                                     東洋紡が東北大と共同で臨床試験を行い、
                                                            製品化を目指す「骨再生誘導材」)


                                    

イメージ 1



東北大学:2015 | プレスリリース
● 「東北大」発の骨再生材料実用化へ世界に先駆けて東洋紡主導の治験を開始
http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2015/04/press20150409-02.html

イメージ 2














さくら社会保険労務士事務所・宮城 

URL:http://www.sakura-sr.com/
プロフィール

伊達武者社労士・さくら

『宝の都(くに)・宮城県大崎市』の社労士のブログへようこそ !

記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
楽天市場
最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
アクセスカウンター

    楽天市場
    • ライブドアブログ